仮想通貨一覧

仮想通貨とは

まず仮想通貨とはなにか?

日本では「仮想通貨」という呼び方が一般的になっていますが、

英語でCrypto Currency=”暗号通貨”といいます。

これは通貨取引のデータが暗号化されてやりとりされているため、海外では暗号通貨という呼び方が一般的になっています。

ビットコインとは

米ドルというのは、たくさんある法定通貨の一つ、日本円もたくさんある法定通貨の一つであるように、

ビットコインは一番最初に誕生した一番最初に世の中に普及した仮想通貨の一つなのです。

ビットコインを「お金にしようね」と決めている人たちが世界中で最も多く、国が変わっても同じ”bit”という単位で取引できるので、世の中に存在する様々な仮想通貨のなかでもビットコインは主軸通貨として、米ドルのような強さを誇っています。

 

Eメールを送る、LINEでメッセージを送ると即座に届くように

ビットコインも送ったら即座に届く

封筒に手紙を入れて送ると、数日かかるのが普通ですが、メールの登場によって、メッセージを送るのは一瞬で可能となりました。

 

Eメールを一通送るのにお金をはらっていますか?

必要ないのです、なぜなら電子化されているから。

電子化されて、瞬間的に届くから無料でできる。人件費はかからない。

郵便だと封筒に切手を貼らないといけないが、それは人件費がかかっているからです。

郵便配達員の人件費や配送費など費用がかかっていましたが、仮想通貨は電子化しているため、手数料はほとんどかからない。しかもEメールのように国を問わずにやり取りできるのです。

そんな革新的な通貨が仮想通貨なのです!

 

いまの時流は仮想通貨!

いま、お金そのものがかたちを変えようとしている

人類最初のお金は貝殻でした。

それが、コインから紙幣 兌換紙幣(昔の金と交換できるもの)、そして現在の不換紙幣(国家の信頼のもと価値が成り立っている紙幣)へと進化をしてきました。

そして、人類の歴史の中でお金がさらに形を変えようとしている

電子のお金に姿を変えようとしている!

最初で最後のすごいチャンス!メガウェーブがきているのです。

大きな仮想通貨の流れ。

電子のお金は最終形であり、こんな通貨の形態が変わる時代の節目もう2度と来ないかもしれません。

 

日本人はよくわからいものはすぐ「あやしい」と言いますが、それが、グローバルで暗号通貨(Crypto Currency)と呼ばれているものをあえて“仮想”通貨と呼んでいる理由なのかもしれません。

知らないことはちゃんと勉強してその上であやしいと思えるんだったらよいですが、理由もなく「あやしい」というのは、非常に残念と言わざるおえません。

ビットコインの価値は日々上昇していますが、(以下、2017年12月時点)

中長期的に見たときに、世界通貨としての仮想通貨の必要性からその価値はさらに上昇していくことが容易に想像できます。

2020年の東京オリンピックや、これから訪れるグローバル社会のなかで、仮想通貨の存在は必要不可欠な存在になることでしょう。

なかには来年度には1bit = 1000万円まで上昇するという見解を持っている投資家の意見も出てきています。

そんな便利な仮想通貨の存在にいち早く気づけたのですから、ぜひ一度仮想通貨を持ってみることをオススメします♪

 

以下の章でビットコインを始める手順を簡単に説明しています↓↓↓


ビットコインを始めるには
〜国内最大手bitFlyerでビットコイン取引を始める手順


仮想通貨はユニバーサルマネー

仮想通貨を始めるにあたって、まずは仮想通貨自体のメリットをよく理解しておくことが大切です。

なぜ、仮想通貨が必要なのか。

これまでみなさん海外旅行をする際には海外の通貨に日本のお金を両替して、ユーロであったりドルであったり、その国の通貨に替えて、現地で買い物や観光をする。というのが当たり前でした。

私たちが普段使っているものは法定通貨と呼ばれます。

法定通貨とは国、中央銀行が作り出して管理して運用している通貨です。日本銀行券は日銀が作ったお金で、正式なお金として日本政府が認めた通貨になります。

逆に仮想通貨は一言で言うと 国、中央銀行も認めていないお金です。

そう言われると、「あれ、じゃあなんでお金として成り立っているのだろう?」と思われるかもしれません。

しかし、仮想通貨にはそんな疑問を解消する仕組みが組み込まれているのです。

 

人生ゲームのおもちゃのお金を想像してみてください。

おもちゃのお金を持って、コンビニに行ってジュースを買おうとしても、「バカチンがー!」となってしまうかとおもいますw

しかし、例えばある決められた100人の中で、「このおもちゃのお金をお金として認めましょう」とルールを決めたとします。

そうすると、そのコミュニティーのなかでは、おもちゃのお金を持ってメンバー内のパン屋さんのところへ行って、実際にパンと交換してくれます。そしてその1万円分のおもちゃのお金を渡した瞬間に、残りの98人全員で「たしかに!」と承認をとります。

 

今のやり取りの中に、はなかったかとおもいます。中央銀行もなかったかとおもいます。

つまり仮想通貨は特定のグループのなかで個人個人で通貨の価値を認識し合って流通するといのが基本的な仕組みになります。

これがもし、1000人、100万人、10億人になったとしたら、、

日本の人口をはるかに超えた人数が認めた通貨となり、世界通貨として存在するようになります。

なかにはイギリス人、アメリカ人、ドイツ人、中国人、様々な人種の人たちがそこには存在して、

これまでだったらドイツにいるドイツ人のパン屋さんからパンを買おうを思ったら、日本円をユーロに両替してからこれまでは支払わないといけなかったところが、

仮想通貨はユニバーサルマネー=国関係なく使えるお金なので、即座に両替することなく買い物をすることが可能となります。

 


仮想通貨が生まれたわけ

仮想通貨が生まれたわけ、それはズバリ「送金」です。

想像してみてください、

もしあなたが家族にお金を送金しようとした場合、普通に銀行口座を使ってお金を送金するかとおもいます。

しかし、海外ではそもそも銀行口座を持っていない人が多く、例えばタイやフィリピンではおよそ4割の人だけが銀行口座を持っている状況となっています。銀行口座をみんなが持っているわけではない、というのがグローバルの感覚です。

送金したい相手が銀行口座を持っていない場合、どうやってお金を送るか。。

そんな不便さを解消することができるのが仮想通貨になります。

日本ではすぐ翌日には振込完了するかと思いますが。

例えばニューヨークから、ロサンゼルスにお金を送金する場合、早くて3日、5日、1週間かかってもおかしくない

手数料も、海外だと一回の送金に2000円、3000円かかってもおかしくない。というのが常識です。

日本では考えられない不便さを世界中の人は日々感じているのです。

そんななか、逆にスマホを持っている人の割合はタイやフィリピンでもすでに100%を越えていて、仮想通貨で誰でも簡単にお金をやり取りする環境はすでに整っています。

電話ボックスがなくなり、ケータイ・スマホに変わっていったように、お金も電子化され、すべての人に平等に使ってもらえる形に進化していくことは誰もが容易に考えられる世界なのではないかと思います。

 

 


国際送金のメリット

日本では90%以上の人は海外にお金を送るような機会はほとんどないかとおもいますが、ヨーロッパなど陸続きの国同士では、すぐ車で30分でもいけるような近い隣の国にいけるにも関わらず、送金には時間も手数料もかかり、とても不便でした。

すぐそこの国に行くためにいちいち両替しないといけない送金にも数日間がかかる

そう、自分で持って行った方が早いんです!w

 

シンガポールはシンガポールドル、となりのマレーシアに行くと、マレーシアリンギット

両替が必要となる不便さが、グローバルでは当たり前に存在していたのです。

 

仮想通貨が爆発的に普及する理由

お金を送ることの大変さ、そんな不便さを一気に解消できるのが仮想通貨。

 

即座に届くお金

手数料はただに等しい

両替の必要がない

そんなお金があったら便利だと思いませんか?

欲しくてたまんなくなると思います。

 

そんな不便さを一気に解決するのが、ユニバーサルマネーの仮想通貨なのです。

これがいま、仮想通貨が世界的に急激に普及している背景になります。

 

人間は便利なものを一度手にしたら2度と手放したくない

スマホを一度手にしたら、ガラケーには戻れない

インターネットを一度手にしたら、手放せない

仮想通貨を手にして、その便利さに気づいたら、手放せなくなる

それが人間の自然なふるまいなのです。

 

いままで平日の営業時間に銀行に行って手続きをしていたこれまでの日常が、大きく変わる。電子化される。

そんな大きな可能性を秘めた仮想通貨を世界中の人たちが使うようになる日はすぐそこまできていると言えるでしょう。

 



スポンサーリンク