仮想通貨とは

まず仮想通貨とはなにか?

日本では「仮想通貨」という呼び方が一般的になっていますが、

英語でCrypto Currency=”暗号通貨”といいます。

これは通貨取引のデータが暗号化されてやりとりされているため、海外では暗号通貨という呼び方が一般的になっています。

ビットコインとは

米ドルというのは、たくさんある法定通貨の一つ、日本円もたくさんある法定通貨の一つであるように、

ビットコインは一番最初に誕生した一番最初に世の中に普及した仮想通貨の一つなのです。

ビットコインを「お金にしようね」と決めている人たちが世界中で最も多く、国が変わっても同じ”bit”という単位で取引できるので、世の中に存在する様々な仮想通貨のなかでもビットコインは主軸通貨として、米ドルのような強さを誇っています。

Eメールを送る、LINEでメッセージを送ると即座に届くように

ビットコインも送ったら即座に届く

封筒に手紙を入れて送ると、数日かかるのが普通ですが、メールの登場によって、メッセージを送るのは一瞬で可能となりました。

Eメールを一通送るのにお金をはらっていますか?

必要ないのです、なぜなら電子化されているから。

電子化されて、瞬間的に届くから無料でできる。人件費はかからない。

郵便だと封筒に切手を貼らないといけないが、それは人件費がかかっているからです。

郵便配達員の人件費や配送費など費用がかかっていましたが、仮想通貨は電子化しているため、手数料はほとんどかからない。しかもEメールのように国を問わずにやり取りできるのです。

そんな革新的な通貨が仮想通貨なのです!

いまの時流は仮想通貨!

いま、お金そのものがかたちを変えようとしている

人類最初のお金は貝殻でした。

それが、コインから紙幣 兌換紙幣(昔の金と交換できるもの)、そして現在の不換紙幣(国家の信頼のもと価値が成り立っている紙幣)へと進化をしてきました。

そして、人類の歴史の中でお金がさらに形を変えようとしている

電子のお金に姿を変えようとしている!

最初で最後のすごいチャンス!メガウェーブがきているのです。

大きな仮想通貨の流れ。

電子のお金は最終形であり、こんな通貨の形態が変わる時代の節目もう2度と来ないかもしれません。

日本人はよくわからいものはすぐ「あやしい」と言いますが、それが、グローバルで暗号通貨(Crypto Currency)と呼ばれているものをあえて“仮想”通貨と呼んでいる理由なのかもしれません。

知らないことはちゃんと勉強してその上であやしいと思えるんだったらよいですが、理由もなく「あやしい」というのは、非常に残念と言わざるおえません。

ビットコインの価値は日々上昇していますが、(以下、2017年12月時点)

中長期的に見たときに、世界通貨としての仮想通貨の必要性からその価値はさらに上昇していくことが容易に想像できます。

2020年の東京オリンピックや、これから訪れるグローバル社会のなかで、仮想通貨の存在は必要不可欠な存在になることでしょう。

なかには来年度には1bit = 1000万円まで上昇するという見解を持っている投資家の意見も出てきています。

そんな便利な仮想通貨の存在にいち早く気づけたのですから、ぜひ一度仮想通貨を持ってみることをオススメします♪

以下の章でビットコインを始める手順を簡単に説明しています↓↓↓


ビットコインを始めるには
〜国内最大手bitFlyerでビットコイン取引を始める手順

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする